アイコン

企業トピック

  • あたり画像

    1本で5役の働き 乳液ファンデーション

    適度なカバー力とツヤ肌を実現!
    mainbn

     

    シリコンを用いた特徴的な製法 シリコンコーティング

    パウダーの原料を自社の原料加工工場でシリコンコーティングしています。

    シリコンコーティングを行うと、以下のような効果があります。 

    1. シリコンの撥水性で汗や皮脂による化粧崩れを防ぎます。 
    2. 時間経過による色のくすみを抑えます。 
    3. 原料の劣化を防ぎます。

     

    シリコンでコーティングしたパウダー原料とオイル成分を
    ローラー機で混合しています。

    ローラーの混合の効果は以下の通りです。 

    1. 色の発色とつやをUPします。 
    2. 肌の付着性(ツキ)をUPします。 
    3. シリコンとオイルのW効果でさらに撥水性がUPします。

    ※W/O型・シリコン処方は油層のシリコンオイル配合率を高くすることにより、シリコン処理された紫外線散乱剤を均一に分 散することができます。(ヨレ防止)

    「微粒子酸化チタン内包シリカ」で、白浮きせずに高いSPF効果を実現

    紫外線反射剤の筆頭に上げられる酸化チタンですが、SPFを大きくするため配合量を増やすと白浮きが激しく、使用感もすべりが悪く硬い感じで、商品価値を落としてしまいます。この様な欠点をカバーするために開発された特殊粉体が微粒子酸化チタン内包シリカです。この粉体は球状のシリカの中に微粒子酸化チタンを閉じ込め透明度の向上とすべり易さを実現しました。

    特殊に加工された「タルク」でツヤ感をUPします

    通常のタルクは化粧品のパウダーベースによく使用されますが配合量によってはマット感が出てきます。今回配合したタルクは表面が特殊加工されており、絹のような光沢と感触の良いすべり感を与えて上品なツヤ感を演出します。

バナーイメージ
企業トピック
業界ニュース
ページ先頭へページの先頭へ戻る